姿勢の矯正や脊椎健康をサポートするチェア ipole7(ウリドゥルチェア)



杏主演 ドラマ「花咲舞が黙ってない」に登場している椅子はこれ!タイトルロゴ
今までにない
ダイナミックかつシンプルなデザインと機能性を備えた
姿勢の矯正や脊髄健康をサポートするチェア ipole7
見出しイメージ

ipole7チェアはこんな座り方


座り方
悪い姿勢を直して正しい姿勢を保つ新コンセプトのOAチェア

座面:人が着座したときに大部分の体重を支える。
背もたれ:座席の背面に設けられ、ユーザーの背中を支える。
ベース:これまでのOA・学習用チェアの構成

座ったときにバランスのとれた姿勢とは、体を横から見たときに背中がS字になっています。
一般的なイスの場合、このバランスのよい姿勢を保つためには、人がイスに座ったときに意図的に座席に深く座り、腰を伸ばして背もたれにもたれなければなりませんが、この姿勢を長時間維持することは楽ではありません。

従来の椅子
消費者による椅子の使用パターンと姿勢を分析

人間工学的なイス設計(ErgonomicChair Design)の研究は、人の様々な身体値を考慮した調節機能や上体荷重を効果的に支えられる背もたれ及び腰椎サポート(Backrest & LumbarSupport)の構造の改善が中心となっています。

仕事中や勉強中、大抵の人はイスに座っているときに背もたれにもたれかかっていません。普段は背もたれから背中を離し、上半身が前に傾いていたり背中が丸まった姿勢をしています。

機能性チェア

  • iPoleは背もたれをなくし、着席者の胸部を支えるタイプのイスです。
  • iPoleは背中の筋肉と脊椎が前を向くようリラックスさせて楽な姿勢を保つイスです。
  • iPoleははヒップが前を向くよう矯正して正しい腰の曲線を保つイスです。
  • iPoleはひじが机と同じ高さになるよう支え、机上での作業時に肩や首の疲れを和らげるイスです。
  • iPoleは腰に加わる重さを体の数か所(胸部、ひじ、足の裏など)に適切に分散してくれるイスです。
  • iPoleはヒップやひざにかかる圧迫を減らし、血液の循環を円滑にして疲れを和らげ、作業や学習能力を向上させてくれるイスです。


ユーザビリティーとアフォーダンスのコンセプトを採用した人間工学的な機能


機能1
骨盤サポートの効果

ヒップの後部と骨盤が前を向くよう支えることにより、上半身が傾いた姿勢から正しいラインを描くよう矯正してくれる骨盤サポート付きシートを導入しました。

ライン

機能2
チェスト&エスボーサポートの効果

胸部を支えて、背中の筋肉及び脊椎が前を向くようにリラックスさせてくれるチェストサポートと、ひじが机と同じ高さになるよう支えることにより、机上での作業時に肩や首の疲れを和らげてくれるエルボーサポートを導入しました。

ライン

機能3
フットレスト&ストッパ付キャスター

ひざの高さを座面より高い位置に保って血液の循環を円滑に促し、左右均等な重さの分散と正しい姿勢の維持を可能にするフットレストを導入。着席時に重心が移動した場合にイス(キャスター)が動くことにより姿勢が変わることを予防するストッパー付キャスターを導入しました。

ライン

機能4
エルゴノミック・コントロールシステム

チェストサポートはそれぞれの体型や姿勢の変化に応じて傾き加減が調節できるようデザインされており、またチェストサポート未使用時には180度回転させて使用できるようになっています。



座る姿勢の重要性


長時間勉強する学生やオフィスで仕事をする会社員は、少なくとも一日に8時間は座っています。
腰の病気で一番の原因は悪い姿勢で座る習慣です。

正しい座り方2
腰の健康を守るためには座る姿勢が大切です。


  • 体型の変化と座る姿勢の関連性は66.4%です。
  • 普段背中を丸めて座る人の比率は58.2%から64.4%です。
  • 姿勢は24分から30分で乱れ始めます。


悪い姿勢


姿勢1
背中を丸めた姿勢は老けて見えたり自信のない印象を与えます。
骨盤がゆがんで曲がりやすくなり、腰への負担と腰痛がひどくなります。
また、普段からきちんと睡眠できなくなり、慢性疲労になりやすくなります。
姿勢33
コンピュータを長時間使う会社員によく見られる症状です。
長い時間首を前に出していると、首周辺の筋肉痛に悩まさせることになります。
また、悪い習慣を長く続けているとヘルニアの危険性も高くなります。
姿勢4
ヒップを背もたれから離して座った状態は体を正しくない角度にゆがませる原因となり、この姿勢を長く続けると集中力が落ちて側湾症を誘発することになります。

正しく座った姿勢


正しく座った姿勢


ipole7に座る理由


ipole7チェアに諏訪湯理由1
なぜチェストサポートなのか?

一日の大半をイスに座って生活する学生や社会人による実際の使用環境を分析した結果、多くの場合、上半身を背もたれから離した状態でほとんどの時間を過ごしていることが分かりました。
つまり、一般的なイスに座る場合には、自発的に正しい姿勢を保つ努力をしない限り、イスのデザインによる根本的な解決は難しいということです。

ライン

ipole7チェアに諏訪湯理由2
なぜ骨盤サポートなのか?

ヒップ後部と骨盤を前方に押し出すように支えることにより、前に傾きやすい腰部を正常な曲線に保つ役割を果たします。
180度回転する座席は、自由な動きと安定感を提供します。

ライン

ipole7チェアに諏訪湯理由3
なぜフットレストなのか?

イスに座った時にフットレストに足をのせれば、ひざとの理想的な角度を保てます。
ひざを座面より高い位置に保つと血液の循環が円滑になり、また左右均等に荷重が分散されて正しい姿勢を保ちやすくなります。
iPoleのフットレストは独自の技術で製作された特許出願中の製品です。

■国際特許(出願中) PCT/KR2009/005363
■デザイン登録 30-2010-0017960 / 30-2010-0027184

ライン

ipole7チェアに諏訪湯理由4
なぜストッパー付キャスターなのか?


40kg以上の重さがかかるとストッパー機能が働くキャスターは、イスに座ったときの姿勢の崩れを防ぎ、正しい姿勢を保つことにより仕事や勉強の効率を向上してくれます。

ライン

ipole7チェアに諏訪湯理由5
なぜ人間工学的構造なのか?


4iPoleは、人の体型や姿勢の変化に応じて調節できるようデザインされています。
チェストサポートは前方へ傾き加減を調節でき、また180度回転させることができるため、背もたれとしても使えて便利です。
また、身長に応じて高さが調節できるため、年齢を問わずご使用いただけるのも特徴です。


張り地:メッシュファブリック 4色 19,800円(税込)


ファブルックライン

張り地:ナチュラルレザー 3色(天然皮革) 39,800円(税込)


天安皮革
回転
商品名 OAチェア ipole7(ウリドゥルチェア)
サイズ

幅743×奥行652×高さ932

 重量:14kg

材 質

フレーム:スチール

ファブリック/天然皮革

備 考 組立式
生産国:韓国
送 料 送料無料
販売価格 ファブリック 18,333円(税別価格)
(19,800円 税込)
天然皮革  36,852円(税別価格)
(39,800円 税込)
ご注文数

《ファブリック》
商品番号:M0263 グリーン 

商品番号:M0264 ブルー 
商品番号:M0265 ピンク 

商品番号:M0266 オレンジ 


《天然皮革》

商品番号:M0267 レッド 

商品番号:M0268 ブラック 

商品番号:M0269 グレー  完 売

送信 前に戻る

京都 丸正家具